BIOGRAPHY

The Aoi Trio was founded in 2016 by violinist Kyoko Ogawa, cellist Yu Ito, and pianist Kosuke Akimoto in Japan.
The name of the trio refers to the initial of their individual family name.

In 2018, the Aoi Trio received 1st prize at the 67th ARD International Music Competition Munich.

All the three members of the trio studied at Tokyo University of the Arts and Suntory Hall Chamber Music Academy.
They has received musical inspiration and guidance from Kei Itoh, Kenji Nakagi, Wakako Hanada, Koichiro Harada, Masafumi Hori, Katsuya Matsubara, and Nobuko Yamazaki.

Their sincere and deep performance is highly evaluated in Europe and Japan.
From 2019, the Aoi Trio moved their base of activity in Europe, and currently studies with Dirk Mommertz (Faure Quartett) at the University of Music and Performing Arts Munich.

葵トリオは、ヴァイオリニストの小川響子、チェリストの伊東裕、ピアニストの秋元孝介によって、2016年に結成された。「葵/Aoi」は、3人の名字の頭文字をとり、花言葉の「大望、豊かな実り」に共感して名付けた。
2018年には、第67回ミュンヘン国際音楽コンクールにて日本人団体史上初の優勝を成し遂げた。
メンバーはそれぞれ東京藝術大学、サントリーホール室内楽アカデミーにて研鑽を積み、これまでに、伊藤恵、中木健二、花田和加子、原田幸一郎、堀正文、松原勝也、山崎伸子の各氏に師事。
ヨーロッパや日本において、彼らの誠実で深遠な音楽は高く評価されている。
2019年より活動の拠点をヨーロッパに移し、ミュンヘン音楽演劇大学にてディルク·モメルツ氏(フォーレ四重奏団)の下で研鑽を積んでいる。